HOME米知識>有機認証制度
ごはんの脂肪分
聞いたことあるけど、なんだかよく、わからない。
「有機認証制度」 ってなに?
ちゃんとした審査を受け、それに、合格した農産物、加工食品、飼料だけが、「有機」 あるいは「オーガニック」 という表示をつけられます、というのが、「有機認証制度」です。
「有機認証制度」 って、いつからあるの?
2000年1月に制定され、2002年に施行されています。
また、有機農産物の日本農林規格(有機認証制度)は5年に一度大きく見直される、その時々にあった法律となります。 (結構珍しい法律ですね。)
「有機農産物」 って、無農薬?
有機農産物とは「有機農産物の日本農林規格」第2条に
農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬に使用を避けることを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法を採用したほ場において生産すること。

とあり、第4条で有機農産物の生産の方法について基準が定められています。
この基準に適合する農産物が「有機的な農産物」であるといえ、この基準に適合する管理を行っているほ場は「有機的な管理が行われているほ場」といえます。
以下簡単に抜粋。
年間を通じて 土壌や植物に使用禁止資材を施さないこと。
ほ場 1 ほ場については、周辺から使用禁止資材が飛来し、又は流入しないよ
うに必要な措置を講じているものであり、かつ、次のいずれかに該当す
るものであること。
(1)多年生の植物からとれる農産物については、(その年度の)最初の収穫前に3年以上の間第4条の基準に従って生産されていること。またそれ以外の植物からとれる農産物については、は種又は植付け前2年以上の間第4条の基準に従って生産されていること。
(2)転換期間中のほ場(第4条の基準に従って生産し初めてから最初の収穫までに1年以上を経ているが(1)には満たないほ場のこと)についても第4条の基準に従って生産をおこなう。
種子、苗等 1 「有機農産物」であること。
2 組み換えDNA技術を用いて生産されたものではないこと。
3 1が入手困難な場合は「使用禁止資材」を使用することなく生産されたもの。

「使用禁止資材」とは…肥料や農薬、ほか土壌や植物に施される資材のこと(別表1、別表2に掲げるものを除く)…とあります。
育苗に関して 土は「有機的管理がされているほ場」のものか、3年以上使用禁止資材が流入していない土地で採種された土を使う。
別表1の肥料及び土壌改良資材は使用可能。
肥培管理 1 そのほ場において生産された農産物の残渣(稲わらやもみがらなど)の堆肥の施用や、
そのほ場や周辺に生息、生育する生物の機能を活用した方法のみによって行う。
但し、これだけではその農地の生産力の維持増進が図れない場合のみ別表1の資材を使用することができる。
有害動植物の防除 耕種的防除(その土地にあった品目を選ぶとか、時期を選ぶなど)
物理的防除(手作業で雑草を取る、害虫を捕る、光や熱、音を利用するなど)
生物的防除(天敵の使用など)
の3つにより防除を行うこと。
但し、農産物に重大な損害が生ずる危険が急迫している場合であって、上の3種の防除方法の組み合わせでは効果的に防除できない場合にあっては別表2の農薬を使用することができる。
収穫以降の管理 「有機農産物」以外の農産物が混入しないこと。
生産された農産物が農薬、洗浄剤、消毒剤その他の資材により汚染されないこと。
別表1〜3など詳しく見たい方は>>有機農産物の日本農林規格のページへどうぞ。

上の表にあるとおり、「農産物に農薬成分が入っていない」ということを保証する制度ではありません。
ですが、水稲の有機栽培の場合、別表2の農薬の使用はないと思われます。(生産者によっては「食酢」は使用するかも。)
有機農産物の日本農林規格 に従って生産したら「有機○○です!」って販売していいんだね?
だめです!!
有機農産物の日本農林規格に従って生産して、なおかつ、農林水産省に登録されている、民間の認証団体の審査を受けなくてはいけません。
ほ場の詳細図、施設、使用機械の一覧、生産量、出荷量、生産管理表等、様々な書類をそろえて審査をお願いし、書類審査、実地検査に合格して、「有機○○」ってつけていいよというお達しがあってから「有機農産物」として出荷、販売できるのです。
下の「有機JASマーク」の下には必ず認証団体の名前が書いてあります。 
  ←このマークは「有機認証」を受け、合格した証です。
なお、この「有機JASマーク」と「有機○○」の表示は必ずセットでなくてはいけません。
「有機JASマーク」がないけど「有機○○」と書かれている場合、本当の有機栽培ではない可能性があります。
生産者の中にも、「有機質が入った肥料」を使っているから、とか、「農薬を使わずにつくったから」というだけで「有機栽培」と表示する方がいます。
もっともっと多くの方に知ってもらいたい制度ですね。
クサツパイオニアファームの「地球の気」のお米と
「地球の気持ち」野菜は、有機認証を取得してます。